『どうやったらもっとキルが取れるの?』立ち回りを見直して、HPを減らさないで相手を倒す方法を覚えよう

立ち回りとは・・・

FPS上達指南道場より引用します。

言い換えれば「状況判断能力」だ。戦場の状況を理解し、どういう風に動けば戦局を有利な方向に持っていけるか。そういったことを一瞬にして判断し行動する能力が「立ち回り」スキルだ。

そして、さらに続きます。

立ち回りが上手くなるためには「マップ理解度」が重要なポイントになる。「マップ理解度=立ち回りの上手さ」と言っても過言では無い。

強いプレイヤーがキルを量産できる理由

同じマップで何回も戦っていくと相手と交戦することが多いポイントが自然とわかってきます。それがわかるようになってくると・・・「この通路の先は良く敵が待ち伏せしているからその待ち伏せしている敵の裏をかくルートから攻めよう」となります。

単純に考えてみてください。強いプレイヤー同士が正面で普通に撃ち合えば、お互いHPが減って傷物になります。これを繰り返せば瀕死になり、次には確実にデスが待ってます。

でも本当に強いプレイヤーは、キルを多く取って行きます。

それはなぜなのか?

AIMが良いから、とか反射神経が良いから、とか違います。

そんな理由じゃないんです!

ずばり、キルを取るのに、「HPを出来るだけ減らさない努力」をしてるからです。いくらAIMが良いプレイヤーだとしても、強いプレイヤー同士が戦えば被ダメがあるはずです。反射神経を測るサイトでいくら速くても、味方の銃声やVCの報告で気が散れば測定した速さとは程遠い反応速度になります。

キルをガッツリ取る理由は、AIMとか反射神経に依存してるからではないんです。HPを出来るだけ減らさない努力をしてるからなんです。無傷で相手を倒すことが出来れば、チャンスは増え、キルが多く取れるようになります。

例えば、HPを減らさないで「相手を倒す」方法には

・横、後ろから撃つ
・FBを使って相手の画面が白くなってるうちに撃つ
・貫通で撃つ
・ハシゴを登るところを撃つ
・グレピン抜きの隙を撃つ
・リロード時を撃つ

これらはあくまで「倒す技術」ですが倒すまでは出来なくても、相手のHPを削りつつ、こちらは無傷でやり過ごせば、あとあとお得なわけです。

それならば、こういう方法もあるわけです。

・ARでもミリ置き
・壁ギリギリのラインで戦う
・頭1個分しか出ない有利な場所で撃ち合う
・相手の集中してないときに(想定外の場所で)撃ち合う

相手の思考を読む

この中でも重要な「横から撃つ」ことについて話します。そのためには相手の視点で常に考える癖をつける必要があります。

もし、「相手」が「自分」だったらどうするか。それに対してどう動けば横を取ることができるのかを考えてください。

相手が大人数残ってる場合はただひたすら相手の裏をかく立ち回りをします。撃ち合ったら即移動。別の場所から回りこむ。煙を焚いて、いるのかいないのかわからなくさせて、全力で別の場所へ走る。もちろん近づいたら、サイレントで狙いを定める。これの繰り返しです。

相手に自分の場所を悟らせなければいいんです。場所がバレれば、相手は超集中モードになって反応速度も上がりますしグレを投げられる危険も出てきます。

場所バレしたら、即移動。場所バレしたら、即移動。これをするだけで、まずグレ死はなくなります。グレの爆発音を聞きながら走りましょう。

この思考こそが、「相手の集中してないときに(想定外の場所で)撃ち合う」に繋がります。相手からすれば、「え!?もうそこに移動してたの!?」とか「足はやくね?w」となるわけです。集中させる暇も与えずに、横を取るんですから有利間違いなしです。

そしてこの横から撃つ際、またはファーストコンタクトのときにこそ、ミリ置きで被ダメを最小限にして待ち、撃ち合うならば壁ギリギリで半身で戦い、出来るなら頭1個しか出ないような有利ポジで撃ち合う。こう繋がってくるわけです。

ちなみに相手が少数の場合は、相手の配置をまず読みます。「俺ならこことここにいるな。そうしたほうが抜け穴が少なくカバーもしやすい」など予測をします。そうしておいて、さらにそこのちょうど見てない抜け穴や数的に守りが薄いであろうところを狙いましょう。

このとき大人数みたいに足音をバタバタ立てるとそれだけで場所がバレてしまうので、少数相手のときは絶対サイレントです。足音を消して静かに行動しましょう。そこにグレなんかのプラス要素を含めて、立ち回りとなります。いちばんキルが取れる人はいちばんAIMが良い人じゃなくて、いちばん横を取るのが上手な人です。

瀕死の敵はしっかり倒す。味方が撃ち合ってたら横からカバーする。相手の裏をかく立ち回りをする。キルを取ることも、思考を読むことも、すべては立ち回りにつながってきます。

コメント