【2018年版】『FPSプロゲーマーはあのマウスパッドを使ってるのか!』プロ使用率から考えるマウスパッド購入の手引き書

マウスパッドを購入したい!

『でも、何を買えばいいの?』

  • 大きさ
  • 滑りやすさ、止めやすさ
  • 厚さ
  • 手触り

といった基準をもとに購入するのですが、種類がありすぎてわかりません。
よくある比較サイトの情報は古かったり、もっといいモノが出ていても載っていないかもしれません。

プロ選手の使用率が高いマウスパッドを調べる

マウスパッドの滑りに対して、マウスの感度で合う合わないはありますが、
第一線で活躍するプロが使用するものであれば、間違いはありません。

今回は、AIMをシビアに求められるCS:GO、HSとクリアリングの両方を求められるR6S、広い視野とクリアリングを求められるPUBGの3タイトルのプロ選手のデバイスを調べてみました。

CS:GO (249人中)R6S (269人中)PUBG (76人中)
SteelSeries QcK+62人SteelSeries QcK+83人SteelSeries QcK+19人
〃 QcK Heavy28人〃 QcK Heavy23人〃 QcK Heavy6人
Zowie G-SR83人Zowie G-SR16人Zowie G-SR10人
HyperX FURY S Pro17人HyperX FURY S Pro8人HyperX FURY S Pro7人
Razer Gigantus7人Razer Gigantus9人Razer Gigantus5人
Logitech G64010人Logitech G6405人Logitech G6405人

日本のメーカーであるARTISANがいないのが悲しいです。
使用者が少ないマウスパッドはランキングから省いています。
どのタイトルにおいても、Qck+とG-SRの人気が目立ちます。

総合での使用率をパーセンテージで出してみると……

プロが使用するマウスパッドの割合 (594人中)
SteelSeries QcK+164人28%
Zowie G-SR109人18%
SteelSeries QcK Heavy57人10%
HyperX FURY S Pro32人5%
Razer Gigantus21人4%
Logicool G64020人4%

Qck+が選ばれる理由は性能が良いからなのか、はたまた安さゆえなのか。

結論

SteelSeries QcK+が良いでしょう。

 SteelSeries Qck+のスペック
 
  • 布製マウスパッド
  • サイズ:幅450×奥行400×高さ2mm

どのタイトルにおいても使用率が最も高く、安いために頻繁に買い換えることも可能です。マウスパッドは洗うと滑りが大幅に変わるため、汚れた際は買い替えるべきだと考える私としては、安いというのは非常に魅力的だと感じました。

Qck+に乗り換えてみて、後日レビューをしたいと思います。

 

<追記>

Qck+の人数が多いが、Qck Limited Editionも含んだ数か?
含まれていません。Qck+ LEは少数ながら含まれています。
プロはスポンサーにデバイスを縛られるのでは?
すべてのスポンサー製品を必ず使わなければならない、とまで縛る企業は少ない為、強制的に使用させられているデバイスではないという認識です。

コメント

  1. つべる より:

    こんにちは。いつも参考にさせていただいております。
    貴ページのAmazonアソシエイトに危うい点がありますので、注意喚起させていただきます。

    https://affiliate.amazon.co.jp/promotion/linkingrequirements
    >製品の価格および在庫は、随時変化します。乙が乙のサイトに掲載した商品の価格および在庫には変動があるため、乙のサイトでは、以下の場合に限り、価格および在庫を表示できるものとします。

    上記Amazon規約によれば、Amazonの提供するAPIを使って現時点での価格を取得したもの以外を表示することは禁じられています。
    テキスト形式(手入力)表記は規約違反に該当しますので、至急修正されたほうがよろしいかと思われます。

    どうしても価格を表示したければ、Amazon公式アソシエイトツールを使った「テキストと画像のリンク」が間違いのない方法です。これなら公式の手段ですから規約違反の心配もありません。
    ご参考までに、失礼致しました。