遠くの音を聞きたいのならまず音量を大きくしてみる。そうするとその弊害に悩むことになる。

FPSでは音が重要視されます。音というのは銃声や足音など、聴覚からの情報となるものを指します。音がどの方角から鳴っているのかをより確実に聞き分けるために、サウンドカードを入れたりヘッドセットを良いものにしたりします。粗悪なものだと方角がわからないばかりか、遠くの音が音量を上げても聞こえないこともあります。

音には近くで鳴る大きな銃声や、遠くの車のかすかなエンジン音といった大小さまざまな種類があります。遠くの方で鳴っているかすかな銃声や車の音は、ヘッドホンを変えるより音量を上げた方が聞こえやすくなります。音量を上げると環境音もうるさくなるので、イコライザーを利用し不要な音域をカットすることで対処します。

音量を上げれば上げるほど遠くの音は聞きやすくなりますが、近くの急な銃声にはびっくりしますし、音がうるさくて耳が痛くなったりするかもしれません。またボイスチャットを使っていると声が大きくなり、家族や近所に迷惑がかかります。初めは意識して小さな声にしていても、興奮してくると勝手に声が大きくなっているのには本当に困ったものです。人によっては防音設備のついた家に引っ越したりもしますが、誰でもそうできるわけではありません。

PUBGは安全地帯を探していく必要のあるゲームなので、事前に敵が交戦した場所や車の止まった場所を知っているのといないのではその後の進行に雲泥の差があります。音量を上げたい、けどそうすると声もうるさくなる、うーむ。。。というところです。弊害はチーム戦でしか発生しないので、ソロなら関係ないんですけどね。

私は昔は爆音でプレイしてましたが、いまは大会のときくらいしかそんなに大きな音にはしません。普段は中程度の音量でプレイしてますが、たまに味方が聞こえている音が聞こえなかったりして、やはり少し不便というか不利だなあと感じます。

みんなどうやって解決してるのか聞いてみて、ちょっと参考にしてみようかな。

コメント