DPI変更による感度調節をした結果。メリットとデメリットは何か?

こちらの記事で行った感度調節に関する結果を報告します。

マウスの設定を低DPIから高DPIに変更することでAIMの挙動を正確にしよう!
https://esports-gaming.info/?p=6687

結果からいうと、良くもあり悪くもありでまずまずです。

詳しく説明します。
PUBGの感度は計測した値を目安にして微調整を行い、以前と全く違和感がない数値に設定することができました。これには少し驚きました。DPIを3倍にしたからといって、PUBGの感度を1/3にすればいいというものではないからです。(AVAやCSGOは1/3にすればいいので簡単)

よって、PUBGのAIM操作のところではレティクルが滑らかに動くようになって、若干かもしれませんが正確なAIMができるようになったと思います。ここは大きなメリットです。

しかし1つ問題点がありました。
PUBGのTAB、そしてMによるマップやアイテム欄を開いた際の感度です。これはゲーム内の感度に影響されずDPIの影響を受けるために、これまでの3倍のDPIで操作することになってしまっています。簡単に言うと、アイテム回収を超絶ハイセンシで操作する羽目になっています。

マップはまだポインタをつけるだけなのでそれほど困らないのですが、アイテム回収は大変です。ちまちまFキーで回収するよりもドラッグアンドドロップで回収するほうが早いというのは周知の事実です。アイテム欄を開いて左から右へ、また左から右へというマウスポインターの高速移動が、普段の感度と違うためにぶっとんでしまいます。2日間プレイすることで多少は慣れましたが、できることならアイテム回収は元の感度でプレイしたいというのが本音です。

私はバインドを大きく変更していて、アイテム欄の表示をTABではなくマウスのサイドボタンに割り当てているので、そのボタンをDPI変更ボタンに割り当てれば、アイテム回収のときだけ低DPIでできるかと試してみましたが、ゲーム内で反応がなくなっただけでダメでした。

ゲームを始めるときと終わるときにマウスのDPI変更ボタンを1度ずつ押して800⇆2400を切り替えるという手間はどうでもよかったのですが、アイテム回収だけは不便しています。できるとすれば、デスクトップで普段使う感度を2400DPIにしてしまい、それに慣れてしまうこと。。。そうすればアイテム回収もいつもの感度ということになるので違和感がなくなります。

何かいい方法はないかなあと模索中です。

コメント