【PUBG】TOP10レートが90%という超高水準で安定する!?そんな動き方と今後の課題について

パブリックサーバーでやる分に関してはプレイ時間が1100時間を超え、海外フォーラムを読み漁り、さまざまな情報に触れることで勝ち筋を見極めることができるようになってきました。ソロ、デュオ、スクアッドのTOP10レートが平均90%を超えている今シーズンは特にそれを感じます。

具体的にどういうふうに動くのが勝率を高めるのかというと、飛行機の最終到達地点付近から大きめの街やファーム地点に向かって飛び、まわりに他チームがいた場合は移動先を変更して過疎地ファームに移行するという戦術です。街に降りて安全にファームできる場合は最高ですが、デュオまでならまだしもスクアッドでの過疎地巡りは効率があまり良くありません。ここは経験が必要となりますが、小屋ではなく美味しい家を重点的に見て回収効率を高めたり、安置を見て敵が通りやすい強い家を確保しておいて敵からファームしたり※1、通るのがそもそも危険なルートが安置ならば外れるまで安置外ファームで食いつないだり※2と、工夫することで対策できます。

この動きの目的は、序盤の事故を防ぐことです。アサルトライフルがない状況では、まず撃ち合いで勝てません。以前は徹底して行っていた開幕の車の確保も取り合いになるとリスキーです。誰も来てない過疎地付近なら車は必ず確保できるという前提で、交戦確率を最低まで減らした上でまず武器を拾うことを重視しています。いまは車の沸きポイントを把握していることで、どれくらい過疎地に残っていられるのかを逆算することができ、移動先を決める重要な指針になります。最終地点付近は海に近いので、車がなくてもボートで移動すれば安置外死を防ぐことができます。全員がまともな武器と車さえ手に入れれば撃ち合いの上手さや戦い方はそうそう負けないので、その後が安定します。

同じ街に敵が降りるとファームどころではありません。一瞬でケリがつけば別ですが、敵1人でも生き残りが出てしまうと怖くてファームできません。ファーム効率は最悪です。そう考えるとむしろ過疎地に移行したほうが効率が良いですし、なんなら街のファーム完了時間を逆算してその街を出待ちし、倒してしまって物資をすべて回収するという動きも有効です。※3

チーター対策についてもお話ししておきます。基本的にチーターには勝てないので、見えてないはずなのにチラチラ気にしてる素振りがあるとか明らかに異常な集弾を感じたときには、その場を離れてできるだけ遠くに逃げます。チーターはドン勝したいわけじゃなくて無双したいだけなので、放っておけばキルを優先するあまり安置外で死ぬことも多いです。終盤であれば距離が近いためにカバーしやすいですし弾切れのタイミングだったりグレネードだったりと倒す手段はいくらでも生まれてくるので、とにかく序中盤には戦わないようにしましょう。簡易な対策になりますが、理不尽な思いをすることが減るはずです。

話は変わりますが、私がいま個人的に足りてないと感じる部分についてお話ししましょう。ひとつめは大会経験です。後半の小さい円の中に異常なほど人数が残っているときは、危ない以前に非常に重たく、プレイがまともにできない状態が続きます。『スペックで殴れ』と言い換えられることもありますがそれでは面白くないので、私は比較的FPSが出やすい軽い場所といった軽さに主眼を置いた地理に関する知識を追求しようと考えています。それで中盤から後半を乗り切れば、勝ちの目が出てくるはずです。

それとは別に、これは以前からの課題ですが、初弾の精度というかAIM力の強化にも力を注いでいます。全体感としての動きや敵との撃ち合いでの位置取りや撃ち合い方については自分なりの形を確立できていますが、これまで胴撃ちしかしてこなかったために、頭を狙うAIM力がゼロに等しい状態です。どうしても胸または首を狙うくせがついていて、これは修正しなければなりません。PUBGは必ずしも頭を狙わなければならないゲームではないですが、頭に当てたときのメリットは非常に大きいです。アサルトライフルはリコイルの仕様上、5発ごとに切ることになるので、頭に当てないことには1回の指きりで敵を倒せません。※4

これ以上の強さを手に入れるためには立ち回りの伸びしろよりAIM力の伸びしろのほうが大きいと感じたため、現在AIM力強化に励んでいます。内容としては、CS:GOのAIM BOTZを1日に平均3000体に加え、AIM HEROの記録更新です。PUBGは撃ち合いになる機会が少なすぎるので、他のゲームで補完しています。※5

経過はまた報告します!

※1 物資が足りてない場合、勝てる状況を作ることさえできれば、敵を倒して物資を奪うのは効率が良い

※2 最終地点のZharkiに行ったとして、安置がGeorgopolの南あたりだったとき、Georgopolの北を通るか橋を渡るかという選択になるが、どちらにしてもリスキーな為、どちらも避けるという選択を取る。この場合、安置外となったGeorgopol北はもとより、Severnyまで出張することもある

※3 たとえば、Lipovkaが最終で向かう街になり、そこから北に過疎地を巡る場合に有効。大きな家が複数あり、武器が早期に揃いやすく、Lipovka自体の出口が西側にしかないため出待ちしやすい。敵がおらず安全な街をすべてファームしたあと、どこに向かおうかと考えているタイミングは最も無防備となる

※4 M4,M16,SCAR等、5.56弾を使用するアサルトライフルはLv2ベストに対して5発入れなければ倒せず、1発も外さずに当て続けるのは相当困難な為

※5 mouse-sensitivity.com等、マウスの感度をゲームを超えて統一してくれる便利なサイトがある

コメント