【Twitch】OBS Studioを使用したTwitch配信の設定方法 ~その② 使用編~

これは『OBS Studioを使用したTwitch配信の設定方法 ~その① 設定編~』の続きです。

1.画面取り込み

まずは、取り込みたいゲームを起動しましょう。
その後、ゲーム画面の取り込みについて設定します。
+ボタンを押して、”ゲームキャプチャ”を選択してください。

“ゲームキャプチャ”を選択したら、新規作成のままOKを押してください。

ゲームキャプチャの設定項目では、”モード”と”ウィンドウ”を変更します。
OBS Studioにゲーム画面が映っていればOKです。

取り込み設定はこれにて完了です。
早速、配信を開始してみましょう。

2.配信開始

配信をするには、OBS Studioで”配信開始ボタン”を押すだけです。
開始してみて、Twitchのサイトで配信ができているか確認してみましょう。

画面右上の自分のアカウント名をクリックし、”チャンネル”を選びます。

配信が開始されていれば、ここで確認ができるはずです。

Youtubeを流してみて音が入っているかどうか、話してみてマイクの音は入っているか確認します。細かい調節は他の人から指摘してもらったほうがわかりやすいので、後回しで構いません。

【配信オプションの設定】 

配信画面の右下の”編集”ボタンを押して、タイトルなどを入力していきます。

配信オプションの編集は完了です。

【パネルの編集】

そのすぐ下の”パネルを編集”をクリックすると、プロフィール入力が出来ます。

画像を挿入したり、その画像にリンクをつけたり、文章を入力したり出来ます。
プロフィールやパソコンのスペック、プレイするゲーム、配信を見る上でのルールなどを記載します。

Markdownをクリックすると太字やリンク文字の作り方などが書いてあります。
改行をするときは半角スペースを2つ入れてください。

【ABOUT ME】◯◯
xVistaです◯◯

といった具合です。◯が半角スペースです。

お疲れ様でした。
配信をする設定は以上です!

ここからは好みで設定する項目です。

【視聴者コメントを配信画面上に載せる】

Stream Labsを使用することで、視聴者コメントを配信画面に載せることができます。
まず、LOGIN TO GET STARTEDをクリック。

“LOG IN WITH TWITCH”をクリック。

ログインができたら、左のメニューから”CHATBOX”を選択。

Chat Boxのページ上部にある、Widget URLをコピーします。
クリックするとURLが表示される仕組みになっています。

このコピーしたURLをOBS Studioに設定します。

まずは、ソースのなかの+をクリックし、BrowserSourceを選択。

“ゲームキャプチャ”のときと同様、新規作成のままOK。

URL欄に先ほどコピーしたChat BoxのURLを貼り付けます。

配信画面上のチャット画面を表示する大きさを設定します。Widthは横幅、Heightは高さです。
あとから簡単に変更できるので数値はそのままでも構いません。

【フォロー通知を配信画面上に載せる】

StreamLabsのダッシュボードの左のメニューから、”ALERTBOX”をクリック。

Widget URLをクリックして表示させ、コピーします。

さきほど行った通り、OBS Studioのソースの+ボタンからBrowserSourceを選択。
URL欄にコピーしたURLを貼り付けます。コメント表示欄と被らないようにしましょう。

【配信をしていないときに画像を表示】

ソースの+から”画像”を選び、表示させたい画像を取り込むことで出来ます。このとき画像をゲームキャプチャより上に置いてしまうと、ゲーム画面の上に画像が表示されてしまうので注意です。

GoodBad

コメント