【PUBG】『ドリンク飲んで、応急を使え!』最終安地で回復耐久勝負!耐久のやり方と考えるべきこと

追記

最終パルスのダメージが11から14に上がったため、この方法は使えなくなりました。安置の外で耐久するより、最後の収縮の真ん中に行って相手を倒すほうが効果的です。

はじめに

最終安地が決まったが、まだ安地内に入っている家の1階と2階で同居している場合や地上と地下壕で分かれて生き残っている場合には、出入り口を経由して倒しにいくにはダメージが痛すぎます。かといって、そのままではドン勝もできません。

そんなときに考えるのが、回復耐久という戦い方です。

回復耐久とは何か

最終安地が確定したのち、一定時間が経過すると、パルスは不特定の場所に向かって縮まり続け、安地がすべてなくなります。

そのパルスに飲まれると、1秒間に11のダメージを受けます。(最大HPは100)そのダメージを受けながらも回復アイテムを使用して、いかに長生きできるかという戦いを回復耐久と呼んでいます。

回復アイテムの効果

治療キットは8秒の使用時間で回復は100まで。
応急キットは6秒の使用時間で回復は75まで。
ドリンクなどのブーストは8秒ごとに、1段階目で1%、2段階目で2%、3段階目で3%、4段階目で4%回復します。
こういった基本的な情報をまず確認しておきましょう。
詳細エントリ:【PUBG】回復アイテムの種類・特徴・使い道

回復耐久の方法

まず前提として、狭まりのカウントダウンが15秒前にはじまりますから、ブーストをMAXまで上げておきます。
その上で、パルスの狭まりを見ながらできる限りダメージを食らわないように狭まりの真ん中まで移動します。円の真ん中に収束するわけではないということを覚えておいてください。

いざダメージを受けはじめたら回復のはじまりです。

1.治療キットを使う

残っている場合は、はじめに使ってください。100から11ダメージを受けて、89になった状態で使用すると、8秒後にHPは1だけ残り、MAXまで回復します。ドリンクをきちんと飲んでいれば、ブーストで4回復するので、残りHPは5から回復することになります。

2.応急キットを使う

応急キットはHPが75以下でなければ使えませんから、3回ダメージを受けた瞬間、HP67で使うことになります。6秒後にHPは1まで減りますが、HP75まで回復します。ドリンク使用時は上記同様です。

HP75に回復したなら、さらに応急キットを重ねます。HP75ではまだ使えませんから、1回ダメージを受け、HP64で使います。ドリンクを重ねていない場合には6秒後に66のダメージを受けて死にますが、ブーストを3バー以上キープしていたなら3または4回復するため、HPは1ないし2残った状態で応急キットが再度発動し、HP75まで回復します。

4バーの効果時間は30秒、3バーの効果時間は1分30秒ですから、効果時間内は応急キットがある限り生存できます。

2人以上生き残ってるとき

上記方法を実践する場合、ほとんど動くことができません。むしろ、回復アイテムをクリック連打しているような状態です。逆に言えば、非常に脆い状態であるということです。

Duoでプレイしている場合であれば、2人で同時に回復耐久をする必要はありません。仲間に応急キットをすべて渡し、狭まりと同時に敵に向かって突撃しましょう。

安地外ダメージは11ですから、9秒間は生存できる計算です。たとえ撃ち殺されたとしても、敵に応急キットを使用させなければ味方が耐久してドン勝を取れます。

コメント