【PUBG】GAMESCOM Invitational Squad 安地、飛行ルート、TOP3の初期配置、録画、順位をまとめました! 【四日目/Day4】

順位決定について

四日目に行われたのはスクアッドでの大会です。
3ラウンド行って、それぞれの順位ポイントとキルポイントを合算し、総合成績を決めます。

順位ポイント
1位 500ポイント
2位 360ポイント
3,4位 290ポイント
5,6位 230ポイント

キルポイント
1キルにつき4ポイント

安地、飛行ルート、TOP3の初期配置

第1ラウンド – 安地、飛行ルート、初期配置

第1ラウンド – TOP3

順位TeamScoreWin PointsKill PointsTotal Kills
1Luminosity Gaming5525005213
2Tier 3 Gaming392360328
3Never Lucky314290246

第1ラウンド – 録画

第2ラウンド – 安地、飛行ルート、初期配置

第2ラウンド – TOP3

順位TeamScoreWin PointsKill PointsTotal Kills
1Tier 3 Gaming5405004010
2Luminosity Gaming384360246
3Team Liquid29829082

第2ラウンド – 録画

第3ラウンド – 安地、飛行ルート、初期配置

第3ラウンド – TOP3

順位TeamScoreWin PointsKill PointsTotal Kills
1Nobel5565005614
2Kung Fu Panda4083604812
3Cloud 9310290205

第3ラウンド – 録画

最終結果 ー Day4 賞金額0,000

雑感

Game3の全然人数が減らない感じが半端ないです。
AndyPyroの撃ち合いの強さが半端ないです。
遠距離での即死具合やグレネードの精度、車に乗ってる敵を倒す早さを見ていると
そのレベルの高さがひしひしと伝わってきます。

DeToNatorはというと……最終順位は19チーム中14位という結果になりました。
簡単に詳細だけ記しておきます。

Game1
Squadは人数差がモロに響いてくるので、自分たちの人数を減らしたくない、
ミスをしたくないという思いから、どうしても立ち回りが消極的になっていました。

そのため、もう少し幅を取ってクリアリングすべきところをくっつきすぎてしまい、
囲まれて一網打尽にされるという最悪の結果になりました。

個々の撃ち合いの強さに自信を持ち、取るべき有利は抑えておく必要があったし
人数がもし減ってしまったら、そのときはそれなりの立ち回りをすればいいという発想をしたいところでした。

後半に差し掛かるところで、丘上の木の裏にいた4entroと
丘下の家にいたNever Luckyに挟まれる形になって一気に全滅。19チーム中18位。

Game2
Lipovkaでファームを終え、車で安地真ん中の家に行く途中で段差に引っかかって車が止まり、
行くつもりだった家から撃たれて全滅し最下位。

Squadなら車を2台に分けて移動したほうが良かったですが、何より事故が痛かったです。
安地の真ん中の家でひたすら待つという戦略は間違ってませんし、
すでに敵に目的の家を取られていたという後手を踏んだ感はありましたが
事故りさえしなければ撃ち合いで勝ててたかもしれないと思うと、もったいなかったです。
ガタガタ道を事故りやすいダチア1台で進んでいたのが仇となったゲームでした。

Game3
Game2同様にLipovkaでファームを終え、安地が寄ったこともあって家の屋上待機。
全く人が減らない状態に動揺しつつも車での移動を最低限に抑えていました。
少しでも人数が減ること、パルスの狭まりとともに移動するほうが
他チームからの銃撃を受けにくいことから、ギリギリでの徒歩移動を行い、撃ち合いができていました。
それぞれがキルを取り、最後はSHAKAがパルスダメージが痛いなか応急で耐え、なんとか6位。
山中でみなが撃ち合い発生に気を取られてパルス警戒を怠っていたことで、
移動が遅れ、他チームから撃たれて一気に人数が減ってしまいました。
StylishNoobの味方を生き返らせる判断のミスも、誰かがパルス狭まりまでの時間を伝えていれば
起こらなかったかなと思います。

課題の残るSquadではありましたが、通常の鯖で行っているSquadとは次元が違いましたから
1戦目は初陣、2戦目は修正するもミス、3戦目は緊張のなか何とか、というところで、
徐々に成長しているように私には見えました。
プレイしていた4人は大きな収穫を感じているんじゃないでしょうか。

今後も活躍を見せてほしいですね!
お疲れ様でした!

コメント