【PUBG】すべてはドン勝を取るために その① 移動回数を減らす

PUBGは生き残るのが目的のゲームです。
では、生き残るためには何をし、何を意識すればよいのか。

死ぬときってどんなとき?

考えてみてください。

移動するときに撃たれて死ぬときと、
撃ち合いになって撃ち負けるときとどちらが多いでしょうか?

私は、走っていて見てないところから撃たれて死ぬことや
車で移動中にばったり出くわして撃ち落とされてしまうことが多いように思います。

移動はリスキー

3人称視点であるPUBGでは、基本的に音を出さずに待つキャンプが強いため、
遠くても目につきやすく、近ければ音で察知されてしまう移動という行為は非常にリスキーです。
また車での移動となると、乗る際、降りる際の隙も大きなリスクです。

では車は必要がないのか、乗らなければいいのかといえば、それは有り得ません。

パラシュートで降下する段階で安地がどこになるのか決まっていないのですから、
安地が降りた場所から正反対の遠い遠い場所になる可能性もあります。
そうなると車で移動しなければパルスに飲み込まれてなすすべなく死んでしまいます。

つまり、車を拾った上で、徒歩で歩き回るだけで必要量のアイテムを回収できるだけの大きな町、
マンション、倉庫などでファームしていくことが車での移動回数を減らしていくことに繋がります。

移動回数をできるだけ減らす

移動距離を減らすという意味では、安地の真ん中でずっとキャンプすることも適しています。
しかし、飛行機から飛び降りる段階では安地がどのあたりかまだ決まっていませんし、
安地の真ん中は得てして敵も集まりやすくなるため後述する交戦頻度を減らすという項と相反し、
撃ち合うべきなのか避けるべきなのか、逃げるべきなのかその場にとどまってファームしていていいのかなど
難しい判断を求められます。

方針1.

車を拾った上で、人数分のファーム量がある遠めの町、集落にいく
※SoloとSquadではアイテムの必要量が異なるため目的地を選定する必要がある

コメント