【初級編】 shoushi先生の報告(コミュニケーション)講座

元DeToNatorのCS:GO部門で活躍していたshoushiさんが
『報告(コミュニケーション)』について記していたので抜粋してみます。

原文はこちらでご確認ください。
http://www.shoushink.xyz/2016/08/blog-post_13.html

コミュニケーション講座

<初級編>
自分が倒されてしまったときの報告のしかた
あなたがどう倒されたか、はっきり言って誰も興味ありません。
最も優先度の高い項目を瞬時に判断し、伝えてください。
その後、優先度ごとに必要な情報を短く的確に伝えてください。
  1. 敵の場所(できる限り詳しく)と数(CTの場合、C4が見えたら真っ先にいう事)
  2. 敵の装備(buyか否か、AWPを持っているかどうか)と状態(HP等)
  3. 敵の動きの予想
全てがわからない場合は素直にわからないって言ってください。
予測の場合は予測であることをわかりやすく説明してください。
確定している情報があるのであれば付け加えてください。
(例:わからない)
(例:catかもしれない)
(例:shortはない)
CS:GOの用語がちらほら出てきますが、CTはNRFのこと、AWPはスナイパーのことです。
2番をAVAで言い換えるなら、『敵の兵種(できればプレイヤー名も)と状態(HP等)』です。
通常時の報告のしかた
ラウンド開幕時は自分のとる動き、味方にしてほしい動き、相手がやってきそうな事。
ラウンド中は自分が見ているアングル、相手が投げるnade、自分が投げるnade・・・
アングルを変更するときはできる限り一言いう、2か所交互に見る場合は、
(xxから○○と△△を交互に見る。タイミングで抜けられるかもしれない)

ここまで出来て初級編です。
自分に照らし合わせてみてどうでしょうか、レベルの高さが伺えますよね。

http://vistainfinity.sakura.ne.jp/?p=963

こちらもあわせて読んでみてください。

コメント