【AWC2015解説】ahq e-Sports Club vs F4E – 3rd map(IND中編)【準決勝】

4R

1を止めたことで2読みで守るF4Eに対し、ahqはその通り本命は2攻めである。しかし単純な2攻めは行ってこない。ahqは1R目で見せたように1攻めをするかのように見せておくのが非常に上手い。1に行くぞ!という殺気が伝わってきて、思わずすぐに寄らなくてはという思考に陥らされる。

1階段に2人で飛び込んでくるあたりもその殺気を際立たせているように感じる。しかしキルカメラが切れた直後、1に行く気のない47xはセンター部屋まで引く。状況だけ見ればahqの完全勝利と思える場面。

しかしF4Eは1が止まったことに気づき、体制を立て直す。

rionは2中に入り、Takiが小螺旋でU字察知をする。これがもし、先にrionが小螺旋に入っていた場合には不都合が生じる。それは、もしも小螺旋でU字と交戦したとして、そのまま砂場に入られたら追いかけることもできず2中までフリーで取られてしまうのだ。それを避けるためにまずは2中を抑えておいて、それから小螺旋に入るという手順になる。

2中をまだ取られていないことをrionが確認し、再度センターをTakiが詰めるもやられてしまう。それほどまでセンターを詰めてしまうのは、1側に寄らなければというahqの1攻めの恐怖を感じているからにほかならない。センターを詰めるとダクトの線を消せるので1中は油田階段に集中でき、さらにセンターの人はダクトからカバーするなり油田をウラ取りするなりと1の守備が大きく強化される。

人数不利でセンターを割られて砂場とリスで挟まれてしまって2中で孤立することを恐れ、U字に逃れて小螺旋から来る敵の裏を取ろうとrionが走り込むも叶わず。ahqの2攻めが綺麗に決まる。

5R

1釣りが厄介だと気づいたF4Eは油田取りを行う。油田を取っておけば1側の察知が早まる上、油田に1人、ダクトに1人で1を2人で守ることができる。もちろんこのメリットはリスクと隣り合わせで、油田から引くには時間がかかってしまうため、敵の猛攻を受けた場合に単独で死にやすい。そのためにライフルではなくスナイパーを配置し、殺して即引くように意識する。とはいえ、基本的には危機を感じた時点で引くことが多く、油田でずっと待機して交戦して死ぬということはそれほど起こらない。

油田にApina-SRがいることを確認したahqは小螺旋までゆうゆうと取る。

Takiは交戦距離の短いセンター角へ移動するが、それを47xが倒してしまう。と同時にClutchがBowを倒す。さらに同時にAfteR-SRがApina-SRと交戦をはじめ、Apina-SRは1中に引く。

これだけ同時に交戦が起きると状況整理をしにくいものだが、1側を早め察知しておいたおかげで油田を取ってきたのがAfteR-SRであり、センターに47x、U字にBowがいることは確定する。その直後、砂場の交戦でrionが47xをキル。Clutchとrionのタッグは異常なまでに強い。

センターとU字の度重なる交戦を見て、Boboboがダクトから飛び降りて裏取りを行うと成功し、食って食われてが続いてF4Eがラウンドを取った。

6R

47xのピン抜きに注目してほしい。通常、手前まで近づいてピンを抜いて即投げると思うが、47xはいったん引いてかなり後ろでピンを抜いて、そのまま歩いて近づいて投げている。これは、近づく最中に敵が出てきてしまえば死ぬというリスクを抱えてはいるものの、近くでピンを抜いてその音を聞いて飛び出してくるという事態は避けることができるし、何よりもピン抜き音が聞こえてないのにいきなりFBを投げつけられたときの油田階段の気持ちを考えてみれば、いかに有効かわかるのではないだろうか。

油田階段を決め撃ちで取ったタイミングで、DPowerがダクトから侵入した。これには驚かざるを得ない。通常、ダクト箱裏は入る前にグレを投げておけば相手は階段下に降りてくれるために対処できるし、油田階段が先に交戦してから入るほうが確実性が増すからである。

可能性としては、油田階段で決め撃ちをした味方が交戦したと思って勢いで入ってしまったというのが一番大きいのではないかなと思う。ハシゴを登ってノータイムでダクトから入るというのはあまり考えられない。

今回はそれが功を奏し、ダクトを早々に処理できたBoboboが安心して油田階段を覗くも後続の2.0ManがBoboboをキル。2側にいたrionやApina-SRは1への警戒心を異常なまでに高めており、寄る準備はできていた。もしBoboboがDPowerを倒したことでさらに1への警戒心を深めてダクトを警戒していたならば、1への侵入を許すことはなかった。

とは言え、F4Eの寄る速度が凄まじい。rionは2連通からすでに1中に入っているし同様にApina-SRもリスまできて1中を覗いている。Boboboを食い返して侵入した2.0Manを、さらに食い返す形でTakiがダクトから裏を取る。1中はすでに激戦となっており、AfteR-SRがClutchを倒すもrionがBowを倒し、形勢はF4E有利と言える。

 

ここで注目しておきたいのがINDIA1への侵入の仕方である。基本的に1中のクリアリングの順序は油田階段からまっすぐ進むことである。

守り配置は以下のようなものが標準といえる。

階段からまっすぐ柱の裏に進行し、まずのダクト階段を倒す。これが何よりも重要。そうでなければ油田階段から侵入した全員が死ぬことに繋がるし、ダクトから侵入することもできない。

左へ曲がっては敵①④の射線が2つ被っていて非常に危険。

このリスへ続く左のラインは煙で切っておいてもよい。切っておくことでリスからの敵スナイパーのカバーも防ぐことができる。ダクトから侵入するための煙はお好みで焚けばよい。

射線は以下のようになる。

ダクトから侵入したが頭一個の箱裏を覗く。2人目のが柱裏を覗く。そうすることでリスカットの煙がさらに役に立ち、設置場のみを孤立させる。煙を焚いていてもダクトの高みからはすべてが見渡せる点がよい。

その後のクリアリングイメージはこんな感じ。油田階段組が設置場と柱裏をクリアリングしにいく。人数状況がまだイーブンであればはダクトから降りて設置場に飛び込んでもよい。

参考にどうぞ。

7R

F4Eの攻め第1ラウンド。見てもらえればわかる通り、ahqと展開の仕方が似ているのがわかる。1側に数をかけて揺さぶって敵を1側に寄せて、2を攻めるという方法だ。

しかし違うのは、ダクトからの揺さぶりをしていないこととU字から先行ではなくセンターが先に交戦する点である。

ahqの攻め1R目で話した通り、センターが先に覗くのはハイリスク・ハイリターンになる。敵リスを倒すことができれば1に寄せた敵をさらに分断することに繋がるため、砂場から3人で2中を押すことで3on1の状況を作りやすい。逆に倒されてしまうと1攻めと2攻めが分断され、攻めづらい体制となってしまう。

Apina-SRが落とされてしまい、2は厳しいと判断したF4Eは1に移行する。

この好判断により状況的な人数有利を作ることに成功している。
1攻めは先ほど解説した定番の攻め方をしていることに注目してほしい。

この攻め方のキモはなんといってもBowの攻略にある。今回はBowの飛び出しのタイミングが上手く、rionとClutchを立て続けにキル。Takiは47xに倒され、1攻めは失敗となった。

ポイントとしては、FBをどう入れるか、ジャンプをせずにその1点に集中できるかというところにある。FBは階段では効きづらく、直撃したと思っても全く食らっていないことも多い。高低差があるため決め撃ちもしづらい。真左の煙のなかを決め撃ちしたい気持ちを抑えて、飛んでくるグレネードを上手く回避しつつ、ダクト階段というその1点に集中してクリアリングを進めることが何よりも重要となってくる。

こればかりは慣れなので、練習チャンネルで動きを確認して、実戦で練習していくしかない。

8R

F4Eの1R目を見て、「キミたちも油田階段先行型か」と言わんばかりに前のラウンドではセンターを守っていたAfteR-SRが油田階段を覗く。これは先行して入ってきた敵を倒し、1釣りも1本命もさせない気構えである。もちろん、人数をかけてくることを予想してBowがピッタリとカバーについている。

それを読んで、F4Eは2に5凸を狙う。Takiが「1側に行ってますよ~」アピールをするためにFBを1つ入れている。これは投げておくと釣れるかもしれないという反面、判断が早いチームだとTakiが2側に寄るよりも早く守り側が2側に寄ってしまうリスクもあり、普段のクラン戦ではなく大会という緊張感があって判断が遅れてしまう場面でより効果を発揮する。

2に入るところまではF4Eは理想形。しかしDPowerが良いプレイをする。先頭のTakiを落とし、rion、Clutchを瀕死にする。それを2.0Manが倒し、F4Eは2人を残して2中を取れた。これは形としては悪くない。3人も削られてしまった形ではあるものの、設置して2on3であれば悪くはない。逆に言えば、2守りは3人削るというこれが最低限の仕事であり、これだけやってようやくトントンと思って構わない。2の引き守りは攻め手が上手いと非常に難しい。

 

全速力カバーで2中に寄ってきたBowをBoboboが倒し、それを47xを倒し、さらにApina-SRが食い返す。実力が拮抗していることを示す通り、最終的に無傷同士のSR1on1勝負となった。

Apina-SRとしてはしゃがみ立ちを繰り返しながら設置することで隙間から侵入を察知しつつ設置ができると踏んだが、そこはAfter-SRが神がかり的なAIMでわずかに見えるApina-SRを倒してしまった。

これでラウンド状況は4本ずつのイーブン。INDIAは攻めも守りもそれほど優劣がなく、互角の戦いとなっている。

続きます。

【AWC2015解説】ahq e-Sports Club vs F4E – 3rd map(IND後編)【準決勝】
9R 攻めるF4Eはセンターおよび2をメインでクリアリングする。先程のラウンドは⑤AfteR-SRが1に行くように仕向けた動きが上手くハマったが、当のF4Eは⑤AfteR-SRがどこにいたのかを知らない。ただ、一番最後に寄ってきたこと...

コメント