【AWC2015解説】 ahq e-Sports Club vs F4E – 2nd map(AS中編) 【準決勝】

5R

F4Eは2R目同様にコの字早めの初期配置を取りに行く。しかしahqのコの字前目配置とぶつかり、一気に潰される。コの字は、SRに対してはPMのジャンプ+ARの決め撃ちが定石であり、怖ければ煙UAVを使ってもよい。

 

6R

センター詰めというのはあくまでもアクセントであり、INDIAでも同様、何度も何度も詰めるものではない。詰めれば詰めるほど相手は対応していき、タイミングを掴まれてしまう。センターは意表をつければ倒せるものの油断して前に出てきてくれなければグレネードも当たらなければダメージを与えることもできない。それでいて1か2のどちらかがスカスカになってしまうので、諸刃の剣ともいえる。

 

初動でApina-SRがコの字でSR勝負を仕掛けるも倒される。しかしコの字が47xのARだという情報が入り、Clutchは勝負を仕掛ける。瀕死まで追い込むも逃げられ、代わりにAfteR-SRが颯爽とやってきて倒されてしまう。

2人が2側で死ぬとほぼ同時に、センターでも交戦が起こっており、人数差はなくなっている。2側に2人いるという情報を得ている分、F4Eが有利。またセンターを取ったF4Eは、ahqの連通間でのシフトを制限することができ、1への進行をよりやりやすいものとした。

2から1へとリス経由で寄られたくないF4Eは、急いで1側へ走る。2へのアクションが少なければ、ahqはすぐさま1側に寄ってくるからだ。2でのアクションが少ないと悟られるまえに、1を攻めきる必要がある。

Takiとrionが資材に到着した頃、ahqは異変を感じ取る。2のアクションが少なすぎる。1人で守っているBowは早め察知およびリスク回避のためにハテナへ。1連通はセンターと資材の両方に危険があるために行けない。鉄板にいても挟まれるリスクが高く、リスからではカバーを期待できないため却下。

そこへタイミングよくBoboboが飛び込み、理想的なタイミングでキルが発生する。あとは雪崩れ込むように1を取り、前半を3:3で折り返す。

 

7R

攻守入れ替わってahqの攻め。1:1:3に分かれてきれいに拠点取りを進めていく。

コの字からAfteR-SRが覗く。倒せた場合、コの字から第1陣、センターから2連へ第2陣、資材から1連経由で第3陣と2へ向かう。ウラ取りと2連からの寄りを潰せるため、コの字組は2中をクリアしたあとはリスに集中すればよい。

 

コの字をFBを入れて取っているため、足音と合わせてF4Eも2側2人か3人と報告を入れて、rionが寄る。ここでそのまま覗いて勝負していてはahqの思うツボなので覗かない。AfteR-SRがいるリスクを考えて、rionの煙→決め撃ちでUAVを構えていたDPowerが落ちる。

それと同時にApina-SRが2.0Manに倒され、Boboboが倒し返す。Apina-SRを倒した時点で、2側へ行くつもりだったが第1陣が倒されて第3陣がキルをしたahqは、1へ行くべきか2へ行くべきか迷っていた。そこで発生したのがBoboboのキルであり、資材まで取られているなら1へ行くことはできなくなるため、消去法で2に。

その判断が47xは早い。資材が倒されると同時に即座に2連通から2中にIN。F4Eとしては資材を取って1の可能性を現時点で少なくはしたものの、DPowerが死んだあとで2から引いて1挟みの準備をしていたかもしれないという思いから、1を固めて2は人数有利を活かした取り返しで戦う作戦をとる。

 

設置直後に2連通でAfteR-SRがrionをキル。これは人数不利を少しでも埋めておかないと、煙を焚かれて一気に凸られたらどうしようもないというAfteR-SRのスナイパー的な思考から。Clutchが食い返し、人数は3on2でF4E有利。しかしここからBowがClutchをキル、47xがTakiを単独でキルし、ahqがラウンドを取る。

資材を取っていたBoboboが2連通に入るAfteR-SRと交戦していたため、資材経由でのウラ取りの可能性が消えていた。そうなると警戒すべきはリスと2連通の2箇所となる上、47xのポジションの自由度が高まり、TakiのFBを避けることができることにつながった。

Takiが2中に入るのを煙が晴れるまで待てばよかったと思うのは結果論で、もしも2連通で味方がバンバン交戦しているのを無視していて2連通組が全滅した場合、ポイントマンの交戦距離を考えるとさらにリスクが高かったとも思える。

 

8R

TakiがPMからRMに変更して臨む第8ラウンド。

ahqは開幕からコの字に3人、センターに2人割いて、開幕2凸の流れ。味方FBに合わせてのコの字のSRクリアリングは非常に華麗なのでぜひ参考にするように。ここは2側を厚めに守っていたことが功を奏し、2中で止めきりF4Eがラウンドを取る。

ahqとしては、暖炉裏に1つ投げ物があるだけで勝率が大きく変わる。確かに投げ物を投げる人材が足りない(先行を切る人、カバー要員、ロックSR)のはわかるけれども、寄らせないという意識よりもここは煙なりを焚いておくことで射線を切っておくほうが安全に取れる。

もしも47xのコの字寄りが間に合っていれば投げていたのかもしれない。とはいえロックしていたAfteR-SRをあと見えで倒したApina-SRがファインプレーであった。

 

9R

2側がやたら厚いからセンター挟みで1に行けばいいんじゃね?というムードが広がるahq。しかし方向性は定まらず、1も2もすぐには仕掛けずグレネードを警戒して引いた位置で待つ。

F4Eは1挟みなんてやらせねーよ?という勢いで開幕からセンターを潰しにかかる。rionが2.0Manに倒され、しかしPMに戻したTakiが食い返す。決め撃ちでクリアリングを進め、Clutchが47xを倒す。仕掛けて人数有利を作り出すのはラウンド運びにしても精神的にしても大きい。

 

ahqに一瞬、これどうすんの?という雰囲気が流れるも、次の瞬間に一変する。

それはApina-SRとAfteR-SRの交戦があり、お互い被弾はしてないものの位置がバレた。

 

ahq側の視点で見てみよう。開幕で突っ込んできていたrionを倒した。さらにTakiが突っ込んできているが、「センターに2人なら1側と2側とどっちかが薄いな……」となるものの、DPowerとAfteR-SRは詰めるべきか交戦しているセンターに寄るべきかを迷う。

そこへ3人目のARであるClutchが現れ、47xを倒す。この瞬間にセンターが3人で1側も2側も1人ずつで守っているであろうことが確定する。そう思った瞬間に1側で交戦が発生し、1にいるのは連通のApina-SRだけだと判明。センターが引くよりも早く1側で有利なポジションを取りたいDPowerとBowは本当に全力疾走で資材から1へ向かう。

そこでベストタイミングで発生するAfteR-SRによる1クリアのキル。

Apina-SRとしては、味方がセンターに3人とバレるタイミングでは前に出ないほうがよかった。味方がライオン付近まで下がった段階で詰めるのなら、バレて引いても1連のカバーに味方が入れるので無問題となる。もしくは、Apina-SRが交戦後にハテナ警戒、2を捨ててBoboboが鉄板のカバーに入り、センターが引いて2側を抑えるという手もあるが、やや難しいか。

ここでは穴ひとつ見逃さないahqの判断力の早さに脱帽。

 

続きます。

コメント