【モニター】リフレッシュレート60Hzと144Hzでどのように見え方が変わるのか?

de8a22e3リフレッシュレートという言葉をご存知でしょうか?

これは、モニター(ディスプレイ)が1秒間に画面を書き換える回数のことです。
AVAでは200fpsという単語をよく聞くと思いますが、あれは動画の1秒あたりの静止画枚数が200枚という意味です。
リフレッシュレートは単位をHzで表し、60Hzならば1秒間に60回、144Hzなら1秒間になんと144回もリフレッシュするという意味です。少し似てますね。

動画を見たほうが早いと思うので、一度見てみてください。
スローモーションにしたときにわかりやすくなりますが、リフレッシュレートが高いほうが滑らかに動いています。

別のゲームで測ってみても同じように見えます。
リフレッシュレートが高ければ高いほどチラつきが減り、目の負担も下がります。

リフレッシュレートの変更の仕方はこちらを見てください。
https://esports-gaming.info/?p=1244

ただし注意点として、リフレッシュレートの高いモニターを使っていたとしても、それだけのfpsが出ていなければ意味がありません。いくら画面が何回更新したとしても、fpsが出ていないようではカクついていて滑らかに見えないからです。

最も人気の144Hz対応のBenQ XL2411Zは、ここ数ヶ月は価格の変動もなく、32000円弱で落ち着いています。

もし新しいパソコンを買うかモニターを買うか迷っているのなら、まずは200fps出るようなパソコンを買って、それからモニターを新調するようにしましょう。

コメント