【解答】あなたならどう立ち回る?【Part.2 後編】

こちらの続きになります。

http://vistainfinity.sakura.ne.jp/?p=4546

冷却内外に敵がいる場合

最後に冷却内外にいる可能性です。連通にSRがいたとしても、ロングアップか冷却警戒に行くことになります。屋上から3人が2に降りるような奇策もなくはないですが、特に考慮する必要はありません。

2015-11-10_12-19-30
・2人が屋上から2外周に降りての2挟み
・屋上キープしつつ1人は引いて冷却2人で2挟み
・全員引いて冷却3人からの2凸
以上の3パターンが冷却を絡めた主な攻め方です。

屋上から2人で降りるのは冷却に残しているのがSRだとすると現実的ではありません。挟みたくてもSR側が上手く挟みこめるとは限らないからです。また、2攻めは内周に入ると同時にダクトから詰めると2中を制圧しやすく効果的なため、冷却には少なくとも2人以上割くことが求められます。本来であれば、内周やショートにはSR先行のARカバーで進みたいところですし、さらにダクトに割くとなればもう1人必要ですから、冷却から綺麗に攻めるには3人必要です。

そう考えると、上記3パターンはどれも可能性としてあり得ることになります。

敵がいる可能性として高い順に並べると…

以上、見てきたパターンで、SRがいる場所の可能性の高い順に並べると、

冷却内外≧連通>ロング>倉庫

という形で並ぶことになります。つまり、冷却の可能性が一番高く、倉庫にいる可能性が一番少ないということです。

ここまで考えて初めて、守り側はどうシフトしようかという話になります。

 

守り側のシフトをする前に、まずはコンセプトを決めます。

この状況でのコンセプトは、“ロングアップを警戒しつつも、2を全力警戒”です。

 

引いて守るか押して守るか

2を守るためには、引いて守るか押して守るかのどちらかに基本的になります。

2015-11-12_01-42-50

押して守る場合、冷却を取りにいきます。ただし、屋上交戦のあとすぐに取り返しに行ったとしても、SR+もう1人が待ち構えている可能性が高く、そもそも屋上に敵が来てからSRが内周から出てL経由で冷却を取り返しにいくのには無理がありますし、かといってショート側から2人で行くには少し時間がかかってしまいます。悪くはないですが、逆に冷却で待っている敵に処理されてしまう可能性のほうが高いと考えます。

もしがSRでなくARであれば、冷却取り返しが成功する可能性は高まりますし、SRが取り返しを得意としていたり敵が瀕死であったりするならば、また判断は変わってきます。成功と失敗の可能性はそのくらいの微差ではありますが、この状況では危険と判断します。

 

次に引いて守る場合ですが、ARがどのように動くかがポイントになります。ロングアップの可能性も警戒しなければならないため、1中守りのARは選択を迫られます。

そのときに判断の基準にしてほしいことが2つあります。

・これまでのラウンドで、敵の2攻めを止めれているかどうか

・ロングアップまたはスローでの倉庫から1攻めを自分1人で止めれる自信があるかどうか

 

そもそも2攻めを決められているラウンドが続いているならば、2守りは弱いと敵が判断し、敵が2攻めをしてくる可能性はグッと高まります。そして、そのままARが動かないでいると、3vs2が2中で発生してしまい結果として取られることになります。

2015-11-12_01-46-48

そうならないために、ARは1中からリス経由で2に寄る、または連通経由で冷却裏取りをする、これが1つです。屋上を取られている場合には2から1には寄りにくいですが、1から2には比較的寄りやすいです。とは言うものの、何も隠れる場所のないリスを経由するのは危険であり、あまりおすすめできる動きではありません。

そこで、敵が2攻めをすると読んで、冷却の裏を取る動きがあります。連通から冷却の裏を取ることで、敵が2設置をしたとしても、ダクトから入れば非常にスムーズに取り返しが可能です。ただし、これは味方が2中である程度の時間を耐える必要がありますし、裏取りをおそらく警戒しているであろう敵と連通や冷却で交戦する可能性が高いです。逆にいえば、交戦するということは正面の攻めが2人ということでもあるため、2守りの味方は2vs2の状態を保って耐えて時間を稼ぐことはできるはずです。

ダクト真下+ショートSRなどはお互いのカバーはしづらいものの2vs2であれば十分時間を稼げる守り方でなかなか面白いです。

2015-11-12_01-48-40

 

この寄るか裏取りかのどちらが良いかといえば、判断の早さにかかっています。言ってみれば、屋上で交戦した味方が倒されてから1中を飛び出るかどうか考えているようではリス寄りとしては遅すぎます。味方の銃声で寄る準備をし、死んだときには1中から飛び出してリスに寄りかけているくらいの早さならば、リス寄りは上手く決まります。

判断が遅いのであれば、リス寄りはロングアップのSRに置かれている可能性や屋上からクリアリングされる可能性を考えると危険すぎて行うことができないため、連通に行くか、倉庫に行くか、1中で篭もるかの3択です。

①ARの動きが勝敗の分岐点

さて、2攻めはこれまであまり行われていない、または2守りの人が強くて2は十分守れるという場合のARの動きを考えてみます。有力候補のロングアップや、一旦引いて立てなおしてからの倉庫攻めを1中で止めれる自信、つまりは敵の1攻めを一人で止める自信があるならば敵に姿を見せないように1に篭もります。姿を見せないのは、敵に連通や倉庫逆詰めの可能性を警戒させるためです。1篭もりに自信がなければ、SRがいる可能性が低い倉庫を取りにいくか、連通の裏取りです。

2015-11-12_02-01-23

倉庫を取っていれば1人は削りやすい上、敵のスロー1攻めを事前に察知しやすく、2からの味方の寄りが間に合うようになります。ロングアップで無視されたまま1設置された場合には少しつらい点があります。

 

自分で出しておきながらこれは難しい問題……!

今回の問題ではこれが正解!というものを出しづらく、さまざまな条件下で変わってくる状況ではありますが、しいて正解をつけるとするならば、ARの早めのリス寄り+2篭もりが第一候補、微差の次点として連通裏とり+2引き目またはARの裏取りに合わせた冷却詰め返しとしておきます。

2015-11-12_02-07-20

ARの動き方に大きく左右されますが、ARは屋上の報告と同時に倉庫扉を開け、連通と奥連通から見えない煙を焚いてリスに寄る準備ができる点が早寄りが強い理由の1つです。

要は、屋上が先に交戦しはじめたにも関わらず倉庫で音がしない場合、倉庫と屋上あわせの1攻めとは考えにくいためにできる動きですが、味方がやられて屋上が取られたあとで穴から倉庫前を覗かれたときに、倉庫扉を開けておくことでARが倉庫に入っているかもしれないという誤情報を敵に与えることができる点、連通前に煙を焚くことでリスに寄ったかもしれないという誤情報を与えることができる点、最悪1攻めだったとしても、2に寄ることができていれば3vs3の取り返しであり不利というわけではない点が強い理由です。

また、早寄りしていれば3人かけての冷却潰しやSRにロングを抑えさせてAR2人での屋上取り返しも可能となり、動きに幅を出せる点も評価が高いです。

2015-11-12_02-09-11

しかし、いざという場面でここまで頭が回るかどうか疑問符がつくという意味で、無難なのは2引き守り+ARの連通裏取り、次点で冷却取り返しとARの機転かな…と思います。

一番大切なこと

こういった場面で必ず共有してほしいのは、冷却を取りに行くか行かないかの判断です。つまり、押すか引くかの判断は必ず共有するようにしてください。

ARが連通に行くとしても、2守りの人が冷却に行くか行かないかで裏を取るときの詰め方が変わります。冷却を取り返しにいくのであれば味方の足音や銃声に乗じて早めに裏を取りますし、行かないのであればある程度サイレントで進みます。

今回はがSRのため候補としては少し考えにくいですが、奇策として2を捨てて人数をかけての屋上の取り返しがあります。屋上を取り返してしまえば敵は焦りますし、2を取られても屋上から連通経由での冷却裏とりをしたり、同様に連通裏取りでロングアップの可能性が低くなりますから、スローでの1攻めや2の早攻めを警戒するだけで済みます。撃ち合いで不利な屋上を取り返せたときのメリットは大きいということです。

おわりに…

こういった立ち回りに関しては、その場で考えて最適解を出せる人はまずいません。これまでの経験をもとにして大体こうかな…と考えるものです。考えるというよりも閃くといったほうがいいかもしれません。閃くためには、どれだけ同じような状況を経験したことがあるか、どれだけ考えたことがあるかというたくさんの経験値が必要です。

経験値をつけるためにも、正解不正解は置いておいて、ぜひとも全力で考えてみることをおすすめします。

コメント

  1. ふれい無@イフリス より:

    敵側は1ー2、2ー3で削って
    1ー1、1ー2だから1攻め決定+SRロングアップ&屋上二人挟撃
    だと予想してた(´・ω・`)
    だから2にいるARを冷却から裏とりさせてほかガン待ちすれば、屋上から連通きたARとSR食える+もしも2に来た奴食えるで、回答かなと思ってたんだが···
    全然得策じゃなさそうだねコレ

  2. ふれい無@イフリス より:

    精進します(´ーωー`)