【ツール】NVIDIA Inspectorを使用してグラフィックボードの性能を引き上げる【オーバークロック】

nvidia-26695-1920x1080

自己責任

オーバークロックがわからない人にはおすすめしません。
私自身あまり詳しくないのでわかりません(笑)

使用目的

  • GPU Boostを無効化することにより動作クロック低下を防ぐ
  • ゲーム時に今まで以上にfpsを安定して出るようにする

ダウンロード

NVIDIA Inspectorはこちらからどうぞ。

2015-07-21_16-25-13

 

使用方法

手順1

ダウンロードしたら解凍します。
インストールは不要で、そのまま起動することができます。
2015-07-21_16-29-10

手順2

Show Overclokingをクリックします。
『はい』『いいえ』が問われるので『はい』をクリック。
INSPECTOR1

手順3

Performance Level [0] – ( P8 )からいくつか並んでいると思いますが、P0以外でP◯が小さい項目(Levelで言えば一番高い)はどれか覚えます。私が使用しているGTX760はP0,P1,P5,P8の4つしかないので、P1が小さい(Levelで言えば一番高い)ことになります。P1かP2になる人が多いと思います。P0とP8しかない場合はP8になります。
2015-07-21_16-36-29

 

メモする項目:P◯の◯値がどれになるか。(1か2かなど)

手順4

P-Statsは現在の値なので、そのとおりに選択してみて、デフォルトのクロック数を覚えておきます。私の場合であれば、現在P1で、デフォルトは 540MHz です。
2015-07-21_16-51-12

メモする項目:P◯。デフォルト値。

手順5

Default Clockの数値を確認し、1割増しくらいの数値を覚えておきます。デフォルトが1020MHzなので、1割増しだと1122MHzです。
2015-07-21_16-51-12

 

メモする項目:Default Clockの+1割の値。

 

手順6

いったんデスクトップに戻り、nvidiaInspector.exeのショートカットを2つ作成します。そして、名前を変更します。
2015-07-21_16-47-462015-07-21_16-48-33

手順7

まずはオーバークロックのプロパティを開きます。nvidiaInspector.exeの後ろに半角スペースを入れて、『-forcepstate:0,手順3で調べたP◯ -setGpuClock:0,手順3で調べたP◯,手順5の1割増の数値』と入力します。

GTX760の場合は小さいのはP1で、1割増しは1122MHzだったため、『-forcepstate:0,1 -setGpuClock:0,1,1122』と入力します。

2015-07-21_17-09-18

手順8

同様にデフォルトのプロパティを開き、nvidiaInspector.exeの後ろに半角スペースを入れて、『-forcepstate:0,16 -setGpuClock:0,手順3で調べたP◯,手順4のデフォルト値』を入力します。

GTX760の場合は、『-forcepstate:0,16 -setGpuClock:0,1,540』を入力します。
2015-07-21_17-14-53

手順9

オーバークロックを開けばオーバークロック、デフォルトを開けば元に戻ります。開くといっても、見た目上は何も起きません。確認するにはnvidiaInspector.exeを起動し、Current Clockを確認します。設定した値の近似値になっていれば成功です。
2015-07-21_17-24-18

最後に

お疲れ様でした。
通常時はデフォルトを適用しておき、ゲームをするときだけオーバークロックさせるのが良いです。

コメント

  1. ヴァナ より:

    手順6以降ってクリエイトクロックショートカットのボタン押すだけで解決しない??

  2. 匿名 より:

    デフォクロック1683で1割増しで1851.3にしたらエラーが出て1851にしたらエラー出なくなりましたがオーバークロックの方にして確かめると変わっていません。なぜでしょう