【AVA講座】しゃがみはワンポイントで入れるようにして、しゃがんでの撃ち合いはしない。【Part.15】

AVA J-Championshipで
スターランク(RP2001以上)を目指すための講座です。

【第15回】しゃがみはワンポイントで入れるようにして、しゃがんでの撃ち合いはしない。

しゃがんでいると集弾が良くなる上に単純な被弾面積が小さくなるので強いように思えますが、止まっている的というのは相手からすると非常に狙いやすいため、ずっとしゃがみっぱなしは格好の獲物となってしまいます。

FPS初心者講座まとめ – しゃがみ撃ち

一般的に上級者はAIMを敵の頭に置くことが多いので、しゃがむことによりAIMを『スカす』ことが出来ます。
更に武器によりますが、こちらのレティクルが『締り』集弾率が上がり、敵を精密に狙うことが出来るようになります。
しかし、機動力が落ちる為、初弾を外すと的にされる危険が。。
また、的になるのを避ける為に、『レレレ撃ち』と『座り撃ち』を同時に行う撃ち方もあります。
hoka1

しゃがんで撃つ初弾の命中精度に絶対の自信があるのなら、しゃがんで初弾をいれたあと、立って横移動しながら撃つ。そもそもしゃがむ必要がないのなら、立って左右移動しながら敵を待ちます。左右移動すると、敵のSRがじっくり覗く際に、半身のような効果があって外してくれる可能性が高くなります。

また、左右移動をしていれば初弾HSを入れられる可能性も下がるので、撃ち合うにしても待つにしてもぼっ立ちやしゃがみっぱなしなど定点で戦うよりも、左右移動やしゃがみをアクセントで加え、敵のAIMをずらすというのが撃ち合いでは大切になってきます。こういった撃ち合い方は、敵の弾をよけるという風に呼んでおり、AIMずらしのテクニックの一つです。

他にAIMずらしのテクニックとしては、Cannonの下駄箱で、立って頭を出して覗いたあとで、

AVA_150527_164223_[-2536,-88,1280][1][SW-Cannon]_00

今度はちょっと後退して横から顔を出すというようなものが挙げられます。

AVA_150527_164232_[-2536,-88,1280][1][SW-Cannon]_00

これは、一度目に下駄箱の上で交戦した場合、頭が出てくる位置に敵が再度置いているであろうと想定して、

AVA_150527_164300_[-2536,-88,1280][1][SW-Cannon]_00

下駄箱の横から顔を出すことでほんの零コンマ数秒分、敵のAIMをずらす目的があります。

AVA_150527_164311_[-2536,-88,1280][1][SW-Cannon]_00

こういった細かいずらしテクニックは、敵の動きや考えをある程度想定できないと実行することが難しいものではありますが、行うか行わないかによって生きるか死ぬかに直結し、結果として試合で勝つか負けるかが決まるほど重要なものです。

交戦壁を意識して有利な状態でしか撃ち合わないこと、敵の置きや狙いを読んでそのポイントをずらして戦うこと、この2点が撃ち合い方のキモになりますのでよく覚えてください。

コメント