【Kingston】 HyperX Cloud Ⅱ(HyperX Cloud 2)を開けてみた 【レビュー】

2015-02-02_22-38-16.jpg

2014年の8月上旬にHyperX Cloudを提供していただき、レビューを2度掲載しました。
それから約半年間、現在(2015年2月)に至るまで毎日数時間の使用をしておりますがとても快適です。

Kingston HyperX Cloud レビュー 第1回(ファーストインプレッション)
Kingston HyperX Cloud レビュー 第2回(AVAでの使用感)


さて、この度、Kingston社より、HyperX Cloudの”Ⅱ”が2月上旬(2/9?)に発売されることとなりました。
それに先立って、製品を提供していただきましたので使用感をレビューしたいと思います。

IMG_1076_2015020223030648b.jpg

画像の左下を見て頂ければわかりますが、USB端子が目に入りますよね。
この製品、何と言っても、サウンドカード搭載のヘッドセットなんです。


公式ホームページより、特徴を参照します。

・DSPサウンドカードが組み込まれた多機能USBオーディオコントロールボックス



サウンドのボリュームとマイクのボリュームの調整ができ、
サラウンドサウンド7.1chやマイク音のオンオフを簡単に切り替えることができます。

優れた音声性能を持ち、Hi-Fi再生が可能な53ミリ径ドライバー

現在、Hi-Fiに対応した音源というのはまだ多くはないですが
高音質音源であるHi-Fiが今後増えてくるであろうことを見越した製品と言えます。


ハードウェア駆動バーチャル7.1サラウンドサウンド

AVAでは2ch再生にしか対応していないため、おそらく7.1chの恩恵は受けられないと思いますが
BFやCSGOなど、AVA以外のゲームではサラウンド効果が発揮されます。


快適な100%形状記憶ヘッドバンドおよびレザーレットクッション

初代に比べて締め付けが若干緩くなったように感じました。
形状記憶のヘッドバンドのおかげかもしれません。
ボクは初代の頃から布のパッドのほうが好きで、革はぴったりとした感じがあまり合いません。
初代も、2も、簡単に布パッドと革パッドを交換することができ、好きなほうを使うことができます。
こういったカスタマイズができるという点は、快適さを追求する上ではかなり重要です。


プロのゲーマー向けに最適化されたパッシブノイズキャンセルのための密閉型カップデザイン

密閉型のせいで、しゃべる声がめちゃ大きくなっちゃいます……(笑)
密閉型ではありますが、音量を大きくしすぎると音漏れはあります。


互換性 ? USB接続(PCおよびMac対応)。ステレオ互換性(PS4、Xbox One1、モバイル対応)

特徴であるのがUSB接続である点。
USB接続のヘッドセットを使ったことがある人はそれほどいないと思います。
音質は問題ありませんし、配信でも問題なく使えますし、何も気にすることはありませんが
サウンドカードを搭載したUSB接続のため、既存のサウンドカードは使えません。
どうしても既存のサウンドカードを使いたい場合、変換アダプタを購入する必要があります。



IMG_1078_20150202230304871.jpg

開封。左から順に以下の通りです。
・取り外し可能なマイク
・ヘッドセット本体と交換用イヤーパッド
・航空機用端子
・オーディオコントローラ

下のHyperX Cloudと書いた箱に、キャリングケースが入っています。

IMG_1079_20150202231402388.jpg

出して並べてみた感じ。
イヤーパッドは布と革が入っていて、革は密閉式、布は開放式となっています。



IMG_1080.jpg

マイクは取り外し可能で、カバーを取り外して差し込みます。
ヘッドホンとして使いたい人には助かります。
ただカバーはすぐ紛失しそう(笑)
ケーブルの元口はカバーがついていて、メッシュケーブルは耐久性が高そうです。


IMG_1082_20150202230308814.jpg

オーディオコントローラには端子の差込口が1つしかありません。
初めてみました。ヘッドセットとマイクが1つになってるんです。
ヘッドホンの音量調整、マイクの音量調整、7.1chサラウンドのオンオフボタンがついています。



IMG_1083_20150203001641242.jpg

イヤーパッドとヘッド部分の、ヘッドホンで一番壊れやすい部位には
金属(?)によるしっかりとした作りになっていて、全くチャチな感じはありません。


付け心地は良好で、1に比べて気持ち緩くなったように感じます。
革パッドよりも布パッドのほうが耳が収まる感じがしてフィットします。





第2回ではAVAでの使用感を書いていきます。



コメント

  1. おつう より:

    こんにちわ。
    USBタイプのサウンドカードと、こちらのヘッドホンのジャックから先で、組み合わせて使うことは可能ですか?

    • xxxv より:

      おつうさん、こんにちは。
      ケーブルが短いのでサウンドカードまで届くかどうか心配ですが、ヘッドセット自体の利用は可能です。
      ただ、USB接続でないと多機能USBオーディオコントロールボックスが利用できませんから、「サラウンドサウンド7.1ch」は使えません。