立ち回りをよくするために その⑥ 『立ち回りの基本は嫌がらせ』

立ち回りの基本は嫌がらせ

基本的な考え方は、相手に嫌がらせをすることだと覚えてください。嫌なヤツみたいに思われるかもしれませんが、戦場では相手のことを気遣っている場合ではないのです。

マップは覚えた、グレも少し覚えた、殲滅の撃ち合いなら結構勝てる、爆破になると安定しない。そういう人は比較的多いんじゃないでしょうか?ある程度プレイしてるのに爆破が上手くならない人は、自分が何をされたら嫌か考えてみてください。

初心者の頃は何をされても嫌に感じるけど、ある程度上手くなってくるとこれだけはやられたら嫌!って経験があると思います。だから、それを逆に自分がやってみます。そしたら敵は嫌がりますよね。嫌がった敵の動きは読みやすいんです。

例えば、INDIAで1守ってる時にダクトに煙焚かれたら嫌じゃないでしょうか?ちゃっかりダクトから入られたら1中をかき回されてしまうかもしれません。しかも、『油田階段で足音してる!』なんて報告入ったときにはリスの守りの人はどうすればいいんでしょうか?

もはや、リス1側に寄るしかないでしょう。1ラッシュも怖いですからね。そうすると今度はセンターを詰められるのが嫌に感じます。リスをモクモクにされて、UAVで見られてたらすごく嫌ですよね。

それに対抗するには2中の奴が2連を見るってのがいちばん手っ取り早いです。でもそれなら2の正面守りが1人になります。そうなれば、2連を倒して2中を挟むとか、2正面から数で押すことができます。

例えが長くなりましたが、そうやって敵の動きを制限していきます。嫌なことをするというのはそういうことです。

攻めは人数を削るほど有利になる

攻めは人数を削れば削るほど、少人数戦になればなるほど有利になります。

もともと攻めってのはクロス組まれてるところに突っ込むわけで、基本的に不利です。
1v2の状況で突っ込めってなったらつらいですよね。なんなら2v2でも行きたくない。

もし、1v1の状況があれば、攻めの圧倒的不利さをイーブンまで持っていけます。死んだら死んだでしょうがない。倒せば、2を制圧できる。2は守りやすいので、一度取ってしまえばラウンドが取れたも同然です。

2連に敵が引いた瞬間、2中に残った1人と2正面でタイマンの撃ち合いをするとすれば、十分な見返り、価値があるということがわかりますか?

交戦して倒した時のメリット、倒された時のデメリットを考えてみましょう。目の前の交戦に価値があるかどうかを見極めていきましょう。

価値のない交戦は避けます。それを意識するだけで立ち回りは大きく変わります。

コメント

  1. より:

    SECRET: 0

    語尾を統一してくれ。

  2. 匿名 より:

    SECRET: 0

    勉強になりました~
    いつもありがとうございます

  3. 共同PR高田 より:

    SECRET: 1

    私、kingston Technologyの広報をしております、共同PRの高田と申します。

    突然のご連絡で大変恐縮ですが、この度、びすた無限様のブログを拝見いたしましてご連絡させていただきました。

    つきましては、びすた無限様がブログでご紹介なさっているゲーミングヘッドセットとして、Kingston製のヘッドセットのサンプルをご提供できればと思い、ご連絡させていただきました。

    ご検討いただけると幸いでございます。

    よろしくお願い申し上げます。

    共同PR
    高田
    yusuke.takada@kyodo-pr.co.jp

  4. びすた無限 より:

    SECRET: 0

    記載のメールアドレス宛に返信しておりますのでご確認宜しくお願いいたします。