日本最強SRと呼ばれたAfroN氏のSR講座 Part3

afro_inu.jpg

・2SRでの動き方

最近マップによってはSRが2人のクラン、”2SR”体制が多くなっています。
その理由は簡単で、Part1に書いた通り、全兵種中全距離で一番強いのがSRだからです。
だったら5人全員SRでいいじゃないかと思うかもしれませんが、なかなか敵が姿を現さなかったとき、場所が確定されていない状況で視野の狭いSRが突入するのはリスクが大きいんです。強いSRが1人いるだけでARは怖くて顔を出さないのに、5人もSRとなると絶対に見える場所には来ませんよね。

では本題です。2SRはどう動けばいいか。

よく見られるのが1人はSRらしいSR。
もう1人がストッピングのいらない倍率の低い武器を使い、ARと同じ様な動きをしてくるクラン。
これは相手が見える場所に居てくれて、勝負してくれるならどんどん削れて強いでしょう。ですが、見える場所には出てきてくれない、ガッツリと引き守りしている相手にはあまり利口な戦術とは思いません。素直に1人がARに変えて数で勝負する方が最終的には多くのラウンドが取れると思います。

逆に悪い例でよく見るのが、二人とも同じ場所、同じところを見ているパターン。
想像して頂ければわかりますが、2SRの利点が全くありません。そんなこと滅多にしないだろうと思うかもしれませんが、SRはスコープを覗いて集中しているからか、結構な頻度で見かけます。僕も結構やりがちです。一声かけるだけでいいです。「次○○いく」これだけで場所が被ることはなくなると思います。

やはり皆人間ですから、得意・苦手な場所があります。上の「場所を被らせない」という事を意識すると、どうしても苦手な場所に行かなくてはならない状況があります。あえて挙げるなら、味方のSRがいるせいで自分が行きたいところに行けない可能性があるということが2SRのデメリットかなと思います。

「2SRだとラッシュができない」と言われますが、SRは全距離で戦えます。
少しだけSRを待ってあげてください。待ってあげて、ラッシュしましょう。
そうすればちゃんと5人で戦えますし、全距離で戦える味方が二人もいることを忘れないでください。

2SRのメリット
・敵をガンガン削れる
・相手のARからすると怖くて簡単に顔を出せない。(敵の場所の確定が容易)

2SRのデメリット
・どうしてもSR主体の動きになってしまうので、全体的にスローペースになりがち。
・SRの苦手なところで戦う可能性がある。

・スモークを炊かれたらどうするか

SRでどこかをロックしているとき、よく目の前にスモークを炊かれますよね。
煙を炊かれたら場所を変えるしかないんでしょうか。
答えは NO です。

スモークを炊かれたらすべき事が3つあります。

一つ目は「UAV持ちがどこにいるか」の確認です。

TABを押してUAV持ちが生きているかどうか、クラン戦であれば最後に見たのはどこかが大事になってきます。
ですから、SR以外の方もUAV持ちを見つけたり、撃ちあったりした時は積極的に報告しましょう。

UAV持ちが死んでいる、もしくは遠くにいるであろうときは、そのままロックし続けましょう。もちろん、いつでも引ける位置で、です。これはあなたがスモークを炊く側になって考えればわかります。スモークを炊く時はどんなときですか?もちろん牽制で使うこともあるでしょうが、大体は「突入しよう。でもSRが怖いからスモーク炊いて!」って時じゃないですか?

ここで二つ目にすべき、『しっかり音を聞く』こと。
敵が走って出てきた場合、しっかり音を聞いていれば音に合わせてちゃんと反応して撃てます。
これは慣れれば本当に簡単ですので、普段から意識して練習してみてください。

では、敵が音を出さず歩いて出てきた場合どうするか。
スコープの中心の下から目を離さないでください。歩いて出てきた場合、絶対に名前が出ます。昔は赤いスモークが多かったので難しかったのですが、今は白スモークが主流になっているため見分けるのが非常に簡単になりました。反応できないよ!と思うかもしれませんが、歩いて出てくるんですから反応速度は必要ありません。

UAV持ちが生きている、さらにどこにいるかわからないときは、『時間を稼ぎましょう
これがすべき事の三つ目です。

これだけだとわかりづらいので例をあげると、
UAVを取られても逃げれる位置まで引きつつ、こちらも「奥」にスモークを焚いてしまいます。

CANNONの2前を想像して頂けるとわかりやすいと思います。
2側の連絡通路から2に入る敵をロックしていたとしましょう。

AVA_130316_185939_00.jpg

目の前にスモークが炊かれました。ならば奥の階段側にこちらからスモークを焚いてやりましょう。
するとどうなるか、「突入するぞ!」とSRの射線にスモークを焚いたのに、
進行方向の階段にも煙を焚かれ、敵はスモークに囲まれてしまいましたよね。

AVA_130316_185946_00.jpg

UAV持ちがいる場合はUAV持ちが2、3方向を見なければいけなくなります。
要するにそれだけ長い時間1人を撃ち合いから遠ざけることができる、無力化できる。ということです。
その間に、味方が1からシフトして来ることもできるし、自分の目の前に焚かれてた煙が消えて撃てるようになるかもしれません。

すべき事
①UAV持ちの位置、生存確認
②しっかり音を聞くこと
③臨機応変に時間を稼ぐこと

・ミリ置きについて

なぜミリ置きをするのか。簡単です。
当てられても1発で死なない」からです。
Part1でSRの強ポジとしても挙げましたが、当てられても貫通扱いになる置き方なんです。ミリ置きをするとき正直、当ててやる!とは思いますが、はじめから当たるとは思っていません。当てれたらラッキー、ぐらいです。
ですが、ミリ置きにもデメリットはあります。さほど当たらないのに、敵を撃ってしまうとSRである自分の位置が逆に確定されてしまうということです。ARでミリ置きする人なんて滅多にいませんからね。

ではミリ置きされていた場合どうしますか?
絶対にやってはいけないことがあります。「歩いて出ること」です。これ程おいしい獲物はいません。ヒットボックスが0.5秒ほど止まって見えるわけですからね。走るなりジャンプするなりすれば、やま勘でもない限りほぼ当てられることはないでしょう。ただ、置かれているずっと手前から走ってくると音を聞かれて決め撃ちされる恐れもあるので、動きに緩急を付けると完璧です。

・グレは何を持って行くか

僕がガチで試合に臨む時は、3つとも敵の声が聞けるグレを持って行ってました。

フラッシュ・丸グレ・閃光 です。

理由として、SRの場合、敵の位置が確定できればほぼ負けることは無いからです。相手がSRだったり自分が外してしまった場合は別ですが、相手がARでその場所が確定できてるときはほぼ倒せると思います。

ODL等の武器制限が無い大会では、閃光の枠に不良ポテトを持って行ってました。殺傷能力は皆無ですが、敵の声が聞けるグレで唯一1つの枠で2個持てるグレが不良ポテトです。SRにとってそれだけ『敵の声を聞く=敵の位置を確定する』ことは重要だと考えています。

Part1Part2はこちらから。

コメント