Riotからの刺客は無心でやり過ごそう。抵抗は無駄な模様。

ランクを再開して1ヶ月半が経過

Riotからの刺客現る

4月の終わりにゴールドに上がりましたが、ゴールド1で少し停滞していました。

というのも、スムーズに上がっていたはずが、Tierが変わる辺りで門番のようになぜかFeederが味方に混じることがあるんです。自身のスコアが悪いわけでもなく、敵が強いわけでもないのですが、まるでRiotから刺客が送り込まれたかのように、ただただ死んでいく味方とマッチングさせられます。

そんな運気など吹き飛ばせるほどのキャリー力が自分にあれば別なのですが、残念ながら私はまだまだその境地には達しておりません。

ドッジしても、時間帯を変えても、日をまたいでも、Feedし続ける味方とマッチングさせられるという状況は変わらず、悲惨な味方運という嵐が過ぎ去るのを待つしかありません。結果的に9連敗してゴールド1の昇格戦間近から、ゴールド2のはじめあたりまで落とされました。

ただこの嵐は昔も体験したことがあって、シーズン7でプラチナからダイヤに上がるときにもなぜか連敗させられたんです。だからもし、あなたが同じように刺客を送り込まれているとしか思えなくても、萎えないで嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。それで味方に怒っても、ティルトしても、いいことは何もありません。実力があるならば、「ふつうにやって、ふつうに勝てる」試合がやってくるはずです。

連敗したことは諦めて、メンタルを折れないようにする

私の場合も負け続きは9連敗までで、連敗がストップしてからは17勝6敗という好成績でプラチナ4まで一気に昇格することができました。どうやったって負けた試合は振り返ることも反省する必要もありません。いつも通りのプレイを心がけるのみです。

127試合でプラチナ突入

振り分け戦でシルバー3に割り当てられ、プラチナ4まで127試合というのが多いのか少ないのかよくわかりませんが、それほど苦もなく上がれたかなという印象です。前回がダイヤモンドだった人は振り分け戦を終えてプラチナスタートだったりするみたいなので、そういう人からすると120試合もやってまだプラチナ4?ププッ。て感じかもしれません…。

1日に2~3試合くらいしかプレイできていないのですが、勝率もそこそこ高い数値をキープできています。

・ミッドメイン
・デュオはせずに基本的にソロキューのみ

という条件でプレイしています。直近でリフトスカトルの変更などがあった中で、ゴールド帯を抜け出すのに意識していたことなどを書き残していきたいと考えています。

プラチナ4はどれくらいに位置するか

プラチナ4は全体でみて上位14%に位置します。上位層ではありますが、最上位層というわけではありません。

コメント