【LoL】レーンで流れてくるミニオンの処理の仕方 〜ウェーブコントロール〜

<ミニオン処理編>

ミニオンが死ぬそばにいれば経験値は入りますが、それでは芸がないのでミニオンのラストヒットを取るようにしましょう。これはCS(Creep Score)と呼ばれ、ミニオンや中立クリープを倒した数を示しています。CSを見れば、ミニオンからどれだけゴールドを獲得しているのかおおよそで知ることができます。

ミニオンを処理するにあたって、いくつか定番の方法があります。AAやスキルを使ってひたすら攻撃し、素早く処理して自ミニオンを敵タワーに押し付ける方法、敵ミニオンのHPがぎりぎりまで減るのを待って、最後の一撃だけを取ることでミニオン処理を最小限に抑える方法、他にも相手が攻撃した回数と同じだけ自分も攻撃し、ミニオンのウェーブ状況をイーブンでキープする方法などがあります。

◆ミニオンを素早く処理して押し付けるメリット

・次のウェーブが来るまでのあいだ、自由に行動することができる

自由に行動というのは、味方のもとへ援護のために寄るだけでなく、ロームやリコール、ワードを刺す壊す、青バフをもらうといったことを指します。レーンを離れる必要があるとき、ミニオンをロストする可能性を最小限に抑えることができます。

・相手がいない状況であればタワーでミニオンをまとめてロストさせることができる

ミニオンによる経験値とゴールドを回収させないことがLv差や金銭差を作る基本的な方法です。相手がむだにロームしていたり、リコールを頻繁に行なっているのであれば、ウェーブをプッシュすることで差をつけることができます。

相手がレーンで見えなくなったなら、その時点からプッシュを開始し、1体でも多くロストさせましょう。

◆ラストヒットのみを取るメリット

・プッシュさせるレーンを作ることができる

これに尽きます。

プッシュさせることがさらに大きなメリットへと繋がってきます。1つは、プッシュされることで、レーンを押さなくて済むことです。ミッドレーンは短いとはいえ、柔らかいミッドチャンプはギャンクを受けるとすぐに死んでしまいます。レーンを押していると自タワーまでの距離が遠くなり、ギャンクで死ぬリスクが増えます。神の領域に到達したならば、あえてプッシュし敵のジャングラーをおびき寄せ、ギャンクされたときにダブルキルするという荒技も可能ですが、狙ってできるものではありません。

ミニオンがプッシュされている状態を維持し、安全圏からCSを取ることができるというのがいちばんのメリットです。

またそれに関連して、安全圏である自分とは対照的に、敵は危険地帯でCSを取り続けることになります。ギャンクしてもらえばキルを狙うことも容易です。ましてやフラッシュが残っていなければCSをとることさえできなくなります。リコールすればミニオンは大量にロストしていき、CSを取りに行けばギャンクされ、どうにもならない状況に相手は置かれます。

攻防一体となったものがラストヒットのみを取るというミニオン処理の方法です。

では逆のことを相手にやられた場合、つまり自分が中途半端にミニオンを攻撃してプッシュするミニオンウェーブにしてしまって、危険地帯でCSを取るハメになった場合どうすればいいのか?

ジャングラーを呼んで、敵ミニオンをすべて処理し、相手のタワーに押し付けてしまいましょう。そうすることで次はプッシュされるレーンを作ることができるようになります。

そう考えると、プッシュされるレーンを作ることで、相手のジャングラーを呼ぶこともでき、敵ジャングラーの位置を把握できる、または誘導できるという意味では、その介入によってミニオンウェーブはリセットされてしまいます。

しかし、味方は敵ジャングラーの位置を把握できるので勝負を仕掛けたり、敵ジャングルを荒らしたり、ワードを置いたりと行動できる幅が増えるので、それも味方全体からすると大きなメリットと言えそうです。

コメント