【LoL】レーン戦で相手を倒す【Part3】

◆戦う前に把握しておくこと

・パワースパイク

どのLv(スキル習得時)、どのアイテム完成時に力を発揮できるのかは、チャンピオンによって異なります。力を発揮できるタイミングのことをパワースパイクと呼びます。

例えば、アニビアであれば、QとEの2つのスキルを習得したLv2、そしてUltを習得したLv6がLvにおけるパワースパイクと呼べます。しかしアイテムにおいては時間が経つごとに強くなるロッドオブエイジスや涙を積んでいくため、Lv6以降のパワースパイクは中盤、RoAのパッシブが完成する頃となります。

Lv2でパワースパイクを迎えるチャンピオンであれば、Lv2先行におけるキルを狙うべきです。逆にそうでないのであれば、パワースパイクを迎えるまでじっと耐えることも必要です。

・序盤における相性

近接攻撃と遠距離攻撃があるように、チャンピオン同士にも相性があります。よくあるチャンピオン対チャンピオンのWin Rateは、試合自体のWin Rateであって、レーンにおける直接対決での勝率ではないことに注意が必要です。レーンにおける相性は、試合における勝率とは別であることを理解しましょう。

有利であれば1on1を積極的に繰り返すことで勝てるでしょう。しかしそれを理解しているジャングラーであれば援護に来るでしょうから、ワードの購入はもちろん、ミニマップによる警戒も欠かせません。

逆に不利であれば、CSは少なくとも落とさず、経験値やゴールドの差を最小限にとどめ、味方ジャングラーがギャンクに来るタイミングできちんと合わせるなど、レーンにおける単独キルに固執する必要はありません。

・チャンプのコンボやパッシブを理解する

先ほど例に出したアニビアですが、QやUltが当たっている敵に対してEのダメージが倍増するという特徴を持っています。逆に言えば、Lv6まではQに当たらなければEのダメージはないに等しく、Qを避けることに全力を注ぐことになります。

ヤスオはパッシブでシールドを纏うことができます。スキルでダメージを入れる際には、まず通常攻撃でパッシブのシールドを発動させ、あらかじめ剥がしておいてからスキルを撃ち込むといった工夫が必要です。

コンボの起点やダメージ源となるスキルを避けることや、ダメージを最大限に与えること、最小限に抑えることなどは、チャンピオンを知っていればできることです。積極的に対面しているチャンピオンの知識を取り入れましょう。もしチャンピオンのスキルなどを覚えていなければ、対面が決まったらWikiを見る習慣をつけると良いかもしれません。面倒くさいですが、確実に強くなれます。

コメント