「EVERMORE」の練習量から考える、日々のAIM練習の必要性について

AbemaTVの賞金首の放送で、「EVEREMORE」が出演している回を今更ながら視聴しました。

前編
#20:ゲームの天才「EVERMORE」がついに参戦!賞金首が「間違いなく格上」と恐れる実力とは!?

後編
#21:天才「EVERMORE」が本領発揮!「完璧過ぎ」と絶賛される神プレイの数々を刮目せよ!

注目したところ

  • 索敵の仕方
  • 安置を取るまでの移動タイミングや情報収集
  • 倍スコでのフルオート
  • 車両に対する偏差撃ち
  • スモークの使い方
    など・・・

特に気になったのはプレイ時間です。
EVERMOREは、毎日チーム練習を10時間、個人練習としてAIM練習を2時間すると言っています。

プロとしての仕事なのだからプレイ時間に関しては当たり前といえばそうなのですが、AIM練習という単調な作業に毎日2時間を費やすことができる人はプロの中にもなかなかいないのではないでしょうか?

AIM練習について思うこと

AIM練習のゲームはたくさんあります。PUBGライクなものから、AIMに特化したものまでさまざまです。

PUBGの仕様ではヘッドショット1発では倒すために威力が足りず、さらに頭か胴体に何発か当てる必要があります。そうなると初弾精度よりも当て続ける技術が必要とされていると私は考えます。よって、まず行うべきいちばん効果的な練習方法は、トレーニングモードでのリコイルコントロールです。

  1. フルカスタムされたSCARやM416は、どの距離までならフルオートで撃ちますか?それでどの程度集弾しているのか把握していますか?
  2. コンペンセイターではなくフラッシュハイダーだったり、またはグリップがなくても同様の集弾のさせることはできますか?
  3. AKのフルオートやM16のバースト、フルカスタムされたM416は倍率スコープをつけた状態のフルオートでも制御できますか?

PUBGのリコイルパターンはランダム性があるので完璧には制御できないのですが、銃ごとのリコイルパターンは覚える必要がありますし、やはりどの銃でもどの距離でも点集弾させることが理想です。

壁撃ちならまあまあ反動を抑えることができるといったレベルの制御能力だと、敵に急に横から撃たれて反撃するときのリコイルコントロールなどでは失敗する確率が大幅に上がります。

こういった基本中の基本である練習を、私自身も徹底していきたいと思います。トレーニングモードは1回30分なので、毎日少なくとも1回、できれば2回、リコイルコントロールの精度に費やしたいと考えています。

コメント